靴インソールについて

靴のソールには、インソールとアウトソールがあり、インソールは靴の中敷きに使用するもので、アウトソールはいわゆる靴底に使用されるものです。アウトソールは、クッション力が強く、地面との衝撃を和らげてくれる働きがありますが、靴底が柔らかすぎるとすぐにすり減ってしまいますので、革靴には比較的硬めの素材が用いられています。

インソールインソールは、靴に対して足を保護する役割の強いもので、緩衝材も柔らかく足にフィットしたものを使うことができます。また、足に様々なトラブルを抱えている場合も、靴のインソールはその状態を和らげるクッションの役割を果たしますので、足に何らかの負担を抱える方は、インソールの使用をお勧めします。インソールを使うことで、驚くほど効果が出る場合もよくあり、一日中立ち仕事をしている方や営業職などで、歩いて足が疲れやすいまたは、ウォーキングなどをされる方には高い効果が期待できます。

特に、靴ズレが痛い、靴のサイズが合わず歩きにくいといった方や、外反母趾・内反小趾・偏平足・ハイアーチの痛みを我慢している方などは、痛みを効果的に和らげることが可能です。最近では、これらのインソールに、脱臭効果や消臭効果の高い素材を使用している製品も多く、足のムレ・臭いなどが気になる方には、脱臭・消臭のあるインソールを利用するといいでしょう。

プチトラブルの解決法

新しく購入した靴は、次のお出かけには非常に楽しみなものです。特に、異性とのデートなど、衣装の組み合わせとともに靴のコーディネートは心も躍るものでしょう。しかし、新規に購入した靴などは、履き慣れていないため、何かとトラブルを抱えているものです。靴の補修に間に合わない場合、ちょっとした手を加えることによって、多少のトラブルは解決することもあります。

靴ずれ靴のトラブルで多いのは、かかとなどに起こりやすい靴ずれなどではないでしょうか。靴ずれは、サイズが大きすぎて、フィットしていない場合でも起こり得るもので、放置すると擦り傷がひどくなり、最悪の場合歩けなくなってしまいます。こうした場合の応急処置は、絆創膏などが一番ですが、本来は靴に原因がありますので、靴の側にかかとパットを付けることでフィットし、靴ずれを防ぐことができます。

また、靴底などが減りやすい素材で作られている場合、思ったよりも早く靴底が削れてしまい、バランスが悪くなってしまうといったことがあります。こうした場合、ひどくなる前に靴底にプロテクターを貼るのがお勧めです。靴リペアであれば、しっかりとした補修が行えますが、自分で貼れるタイプもありますので、一手間かけることによって靴が驚くほど長持ちすることもあります。

靴リペアとは

リペアとは、修繕・手直し・復旧作業などを意味する言葉で、様々な業界で使われていますが、いわゆる修理や補修を行うことを指しています。靴リペアは、一般的に靴の修理や補修などで行われるもので、靴のサイズ調整からかかと、靴底などの取り換えや補修、雪国などでは滑りやすい雪道対策のために専用の滑り止めを施してくれます。

靴また、クッションや蒸れ対策などにも便利な中敷きの交換や、擦り減った靴や傷が付いてしまった革靴などにも、この靴リペアで対応できます。もちろん、紳士靴だけではなく、婦人靴の修理も同様に行い、婦人靴ならではのピンヒールのかかとや先端部分の補修などもお手のものです。また、業者によっては、紳士靴のクリーニングやカラーリングなどの、特殊な技術をもつ靴リペアも行っていますので、安心して大切な靴を預けることができるでしょう

最近では、こうした難易度の高い靴リペア技術をもつ店舗も増え、宅配サービスでの配送修理やクリーニングなども、行うところが増えています。さらには、近ごろ人気となっているカスタム修理を行う店もあり、優れた技術によってリメークされる革靴は、世界に一つだけのあなただけの靴をカスタマイズしてくれることでしょう。特に、思い入れのある靴は、大切な思い出とともに、オーナーが大事に扱ってきたものです。そうして、くたびれてきた靴であっても、リメークすることで新たな靴へと生まれ変わり、長く使い続ける事ができます。